HOME > 国際交流・留学 > 九大生向け情報 > 理学部留学支援奨学金制度 > 平成30年度 奨学金受給者報告書

平成30年度 奨学金受給者報告書

氏名 冨田 侑樹
学科・専攻、学年 化学科1年
留学先(国名) アメリカ合衆国(オレゴン州立大学)
留学期間 平成31年2月21日~平成31年3月21日

留学内容全体について

 私が今回の留学をするきっかけとなったのは、OSSEPの留学では日常で使う英語だけではなく科学で用いる英語を学ぶことができることでした。留学をするのは今回が初めてだったので最初はかなり不安でしたが、実際に留学をしてみると毎日が新鮮でとても楽しく1ヶ月がとても速く感じました。毎日英語の授業が2コマあり、授業の内容はプレゼンや自分の意見の発表が多く日本の授業と異なっているため何度もプレゼンをしていくうちに英語でのプレゼンに留学前よりも慣れることができました。また、プレゼンの内容も科学に関する内容が多いため科学に関する英語も学ぶことができました。週に2回conversation circleという現地の人と1時間くらい会話をするプログラムがありました。現地の人はとてもフレンドリーで私はそこでアメリカ人の友達を作ることができました。週末は海岸やコーバリスの街に行くなどの予定が入っていることが多くとても楽しむことができました。また、予定がなかった週末は3人で計画を立ててシアトル旅行に行ってきました。平日は夕方くらいから自由な時間になるのでconversation circleのパートナーの人と遊びに行ったり、ルームメイトと食事をしたりして過ごしました。その他の活動ではアメリカの様々な分野の研究所の見学に行ったり、テレビ局に行ったりしました。研究所では実際に南極の氷を触るなどとても貴重な体験ができました。日常の中で何かを買ったり食べ物を注文したりするときに使う英語も日本の学校で学ぶ英語とは異なっており、本当の生活で使われている英語の触れることができました。全体を通して、日本では学ぶことのできない英語やアメリカと日本の文化の違い、科学に関する英語について学ぶことができたのでとても良い経験になりました。

Conversation circleのパートナーとの食事

他国の人たちとの交流を通じてどのような変化がありましたか?

 私は他国の人達と交流していく中で、相手に自分の英語を聞き取ってもらうときに英語の発音がとても大切だということに気付きました。日本ではあまり英語の発音に重点をおいて学ぶことはないですが、アメリカでは同じ英単語でも発音が異なるだけで全く聞き取ってもらえないこともあるので英語を上手に発音するように気を付けるようになりました。アメリカで何かを買う際には現金よりもカードを使うことが多いなどの日本と異なる文化がたくさんあり、その文化を自分で体験することでより外国の文化を知りたいと思うようになりました。また、このような文化を知るためには積極的に現地の人と会話をすることが大切だと思いました。私は、最初の方は英語で話しかけることに難しさを感じていましたが、アメリカで生活をしていくうちに英語で話すことに慣れてきて自然に英語で話しかける事ができるようになっていきました。

Newport Coast Trip

留学によって変化が見られた事項について

 私は今回の留学でリスニングとスピーキングの能力を上達させたいと思って参加しました。リスニングは、最初の方はやはり日本で聞く英語よりもとても速いのでほとんど言っている内容を聞き取ることができなかったのですが、2週間目くらいから少し早い英語がだんだんと聞き取れるようになっていき、最後の方では大体の英語は内容が分かるようになったので留学前よりもかなり英語を聞き取れるようになりました。スピーキングは、日本ではほとんど練習する機会がないため最初はなかなか単語が出てこず、文法をとても気にして話すのに時間がかかることも多かったのですが、英語の授業でプレゼンや発表をしていく中で自分から英語で話すことにだんだんと慣れていき、単語がすぐに出てあまり文法を気にしすぎないようになり、最後の方では相手に話しかけられてからすぐに英語で答えることができるようになりました。また、普段から英語を使っている現地の人と英語で話すことで自分の英語が通じたときに喜びや楽しさを感じることができました。

今回の留学がこれからの進路にどのように活かされますか?

 私が今行きたいと思っている研究室では日常的に英語を使うと聞いたので、大学4年生以降の研究室で会話をする際に今回の留学で学んだ英語を活かしていきたいと思っています。また、私は将来化学の教授になりたいと思っており、教授になって自分の研究を海外で発表する時や海外で生活するようになった時に今回の留学で知ったアメリカの文化や英語で話すことに慣れたことを活かしていきたいです。さらに、研究室見学でオレゴン州立大学の様々な研究室を知ることで今まで以上に化学に対する関心が深まりました。

クッキングイベント

後輩に向けて留学して良かった事、準備しておけば良かった事等について

 私は、アメリカで友達を作ることができたことや英語で話すことに慣れたことが良かった事だと思いました。アメリカで友達を作ることでもっとその友達と話したいと思うようになり、英語の学習が楽しく感じられるようになり、プレゼン等をすることによって人前で英語を話すことに対してあまり緊張しなくなった事が特に良かったです。また、留学の準備として大切なのは、実際に留学している1ヶ月はとても短いので事前に留学中に自分が何をしたいのかを考えておくことが大切だと思いました。また、アメリカでは自分から質問をしたり、どこかに行ったりするなど積極的に動いていくことがとても大切だと思いました。アメリカでの生活はあっという間で貴重な機会なので後で後悔をすることがないように楽しんでほしいです。