HOME > 教育・学生生活 > ポリシー > ディプロマポリシー(学士課程) > 理学部 数学科

ディプロマポリシー(理学部 数学科)

学位プログラム
数学
学部・学科名等
理学部 数学科
学位
学士(理学)

A 知識・理解

  • 群・環・体の基礎理論を習得し、数学における代数的構造を具体・抽象の両面から理解できる。
  • トポロジー、微分幾何学の基礎理論を習得し、幾何学的構造を具体・抽象の両面から理解できる。
  • 解析学の基礎理論を習得し、解析的手法を用いて様々な現象を説明できる。
  • 数理統計の手法を習得し、データに基づいたモデルの説明ができる。
  • 計算機数学の基礎技術を身につけ、数学ソフトウェアを援用したモデルの解析ができる。
  • 現代科学・社会における様々な現象を数学的に理解し説明できる。

B 技能

B-1 専門的能力

  • 数式を解析的または数値的に処理できる。
  • 様々な数学ソフトウェアを正しく利用することができる。
  • 様々なデータや計算の結果を分析し、正しく自分の考えを表現できる。
  • 数学の論理的思考能力を基盤に、習得した知識・技能を技術開発および研究分野や中等高等教育分野へ活用できる。

B-2 汎用的能力

  • 知識を統合的に把握し、俯瞰的に応用する能力を身につける。
  • 数学を含めた自然・社会科学の方法と論理的かつ普遍的な思考力を身につける。
  • 専門分野の内容の深い理解とともに、専門分野を超えた汎用的な思考能力を獲得する。
  • 統計・情報科学の基礎を活用する能力を身につける。
  • プレゼンテーション能力(自分の意見を明瞭に述べる能力)と国際的なコミュニケーション能力(討論能力、他分野を理解する能力、語学)を涵養し、広く世界と交流する視点・能力を養う。

C 態度・志向性

  • 自ら進んで問題に取り組む積極性を持つ。
  • 周りと協力をしながら切磋琢磨し、問題解決へと努力する競争・協調性を備える。
  • 問題解決にあたり様々なアプローチの可能性を考える柔軟性を身につける。
  • 数学の発展へ自ら寄与しようとする意欲を持つ。
  • 数学のみならず広く自然科学、社会科学および産業分野についても興味を持つ。
  • 数学を通じての社会への寄与を考える視点を持つ。