HOME > 教育・学生生活 > ポリシー > ディプロマポリシー(学士課程) > 理学部 物理学科 情報理学コース

ディプロマポリシー(理学部 物理学科 情報理学コース)

学位プログラム
情報理学
学部・学科名等
理学部 物理学科 情報理学コース
学位
学士(理学)

A 知識・理解

  • 計算理論、情報通信、人工知能などの基礎的事項を理解し説明することができる。
  • 自然界や人間社会における様々な現象を「情報現象」として数理科学的に捉えることができる。
  • 計算機システムのしくみを理解し、計算の本質を具体・抽象の両面から説明できる。
  • アルゴリズムとデータ構造の基礎理論とアルゴリズムの実装に必要な知識を修得し、計算機システム上で実働化できる。

B 技能

B-1 専門的能力

  • 論理的思考力、数理的解析能力、実装技術を修得し、それらを活用して専門分野の内容を理解し、説明することができる。
  • 英文で書かれた専門分野の教科書や学術論文の内容を理解し、説明することができる。
  • 計算機システムの基本的な知識とアルゴリズムの実装技術を社会的に活用することができる。

B-2 汎用的能力

  • 知識を統合的に把握し、俯瞰的に応用する能力を身につける。
  • 与えられた課題を、基本に立ち返って的確に分析し、その問題点を論理的に整理する能力を身につける。
  • 自分の考えを明確に述べ、他者と建設的に議論する能力を身につける。

C 態度・志向性

  • 応用を常に意識しながら基礎理論の研究に取り組む。
  • 基礎理論を踏まえながら応用研究に取り組む。
  • 新しい分野に挑戦する積極性と持続力をもつ。
  • 情報理学に限らず広く自然科学や人文社会科学等に関心をもつ。