HOME > 教育・学生生活 > ポリシー > ディプロマポリシー(学士課程) > 理学部 地球惑星科学科

ディプロマポリシー(理学部 地球惑星科学科)

学位プログラム
地球惑星科学
学部・学科名等
理学部 地球惑星科学科
学位
学士(理学)

A 知識・理解

各人の興味や個性に応じて自ら選択しながら以下の知識や理解を得る。

  • 宇宙に関して現代的な基礎知識を持ち、地球や惑星の形成や進化について説明できる。
  • 太陽活動と電磁圏との関係を理解し、地球惑星電磁現象について説明できる。
  • 大気や海洋に関して共通となる基礎概念を理解し、気象現象や気候変動などについて説明できる。
  • 生物と地球表層環境との相互作用について理解し、地球環境変動や環境問題について説明できる。
  • 地球惑星の物質科学や力学について理解し、地球惑星の内部構造、地震および火山、プレートやマントル対流について説明できる。

B 技能

学生の興味や個性に応じて選択しながら、以下の専門的能力を身につける。

B-1 専門的能力

  • 地球惑星表層部の陸域や海洋底に観察される地質構造を調査解析し、形成環境を科学的に検討することができる。
  • 地球惑星物質の精密機器分析、形成環境再現法を理解し、地球惑星史の物質科学的証拠を提示することができる。
  • 地球惑星科学に関する観測機器の原理を理解した上で観測を行うことができる。
  • 地球惑星に関する観測結果や分析結果を統計処理して、法則性を見出すことができる。
  • 地球惑星で起こっている現象の原因を、実験的に再現または模擬することにより、説明することができる。
  • 法則を基に、地球惑星科学現象を説明することができる。
  • 数値シミュレーションにより、地球惑星科学現象の再現や予測をする。

B-2 汎用的能力

  • さまざまな現象を、原理や法則を基に理解する能力を養う。
  • 科学技術における基本的な数学的手法を身につける。
  • 英語を理解し、活用する能力を身につける。
  • コンピューターを活用する能力を身につける。
  • 論理的な文章を書く能力を養う。
  • 聞き手に分かるようにプレゼンテーションする能力を身につける。

C 態度・志向性

  • 各自の個性を生かす形で、進むべき方向性を考える。