HOME > 教育・学生生活 > ポリシー > ディプロマポリシー(学士課程) > 理学部 化学科

ディプロマポリシー(理学部 化学科)

学位プログラム
化学
学部・学科名等
理学部 化学科
学位
学士(理学)

A 知識・理解

  • 周期表の各族に含まれる元素の代表的化合物の性質、構造、反応について原子の電子構造から説明できる。
  • 化学平衡の基礎を理解し、分離・精製や定量を行うための原理について説明できる。
  • 熱力学の基本概念や諸法則、および反応速度論における基礎的概念を説明できる。
  • 量子力学の基礎的原理を理解し、これを基に、原子・分子・分子集合体の電子状態と構造・物性・反応、および、光と分子の相互作用について説明できる。
  • 有機化合物の構造や性質を理解し、その合成法を考案できる。
  • タンパク質・糖・核酸・脂質の構造と機能について理解し、生体エネルギー獲得反応の原理則および遺伝子と細胞の構造・機能に関して説明できる。

B 技能

B-1 専門的能力

  • 基本的な実験手法の原理を理解し、実験を安全に行うことができる。
  • 取り扱う実験器具や化学物質の構造、性質を正しく理解し、安全かつ確実に取り扱うことができる。
  • 測定装置およびコンピューターを正しく操作してデータの解析を行い、化学反応を論理的に考察できる。
  • 化学反応を注意深く観察し、実験経過、観察結果を適切に記録できる。
  • 実験結果を基に、実験の背景、意義、反応機構などの考察を含めてレポートとして論理的にまとめることができる。

B-2 汎用的能力

  • 毒劇物、危険物や放射性物質を安全に取扱う能力を身に付ける。
  • 実験記録や文献調査を基に報告書を作成する能力を身に付ける。
  • 英語を含めた論文の読解力や内容の説明能力を身に付ける。
  • 問題点を充分理解し、的確な解決策を立案し実行する能力を身に付ける。
  • 自分の成果を公開の場において口頭で発表する能力を身に付ける。
  • 自然科学一般の原理や諸現象に対する理解力・洞察力を身に付ける。

C 態度・志向性

  • 様々な化学が関わる問題に積極的に取り組む目的意識を持つ。
  • 化学者として社会で求められる使命を理解する。
  • 自然科学研究を行う上で求められる社会的倫理を持つ。