理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成29年2月28日(火)

 内園さん、谷村教授、伊藤助教らがショウジョウバエのメスは交尾後の夜にアミノ酸を多く摂取することを発見しました。
平成29年2月28日(火)
 九州大学大学院システム生命科学府4年生の内園駿と大学院理学研究院の谷村禎一教授および伊藤太一助教らの研究グループは、ショウジョウバエのメスは交尾後の夜間にアミノ酸を多く摂取するようになることを行動実験によって明らかにしました。
 本研究グループは、生命活動に必須なアミノ酸の摂食行動が体内時計によって調節されているのかをショウジョウバエを用いて調べました。体内時計によって生物は睡眠などの行動を決まった時間に行うことができます。また、アミノ酸の摂取は、交尾後のメスのハエが卵を産生する上で必要不可欠であることが知られています。そこで、オスのハエ、未交尾のメス、交尾したメスのハエで、昼間と夜間のアミノ酸の摂取量を比較しました。その結果、交尾したメスのハエでだけ、夜間のアミノ酸の摂取量が劇的に上昇することがわかりました。またこの変化は、体内時計を持たない突然変異体のメスのハエでは起こりませんでした。つまり、交尾を経験することが引き金となって、体内時計によるアミノ酸の摂取量の昼夜変化が生み出されるのです。
 ヒトでも妊娠中には味覚が変化するなどの様々な変化が起きることが知られていますが、そのメカニズムはよくわかっていません。今後、交尾後にだけ現れるアミノ酸の摂取量の昼夜変化がどのように体内時計によって制御されているのかの解明が期待されます。
 本研究成果は、米国オンライン科学誌『PLOS ONE』で2017年2月27日(月)に掲載されました(https://doi.org/10.1371/journal.pone.0172886)。
※本件についての詳細およびお問い合わせ先は以下をご覧ください。
関連先リンク
 ・プレスリリース(九州大学:PDF)
 ・研究者情報 教授 谷村 禎一
 ・研究者情報 助教 伊藤 太一
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。