理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成28年10月12日(水)

 羽田野仁喜さんが「第6回トランスグルタミナーゼ研究会&日本ポリアミン学会合同学術集会 優秀賞」を受賞しました。
平成28年10月12日(水)
 大学院システム生命科学府 一貫性博士課程2年の羽田野 仁喜さんが「第6回トランスグルタミナーゼ研究会&日本ポリアミン学会合同学術集会 優秀賞」を受賞しました。
受賞者
 羽田野 仁喜 (大学院システム生命科学府 一貫性博士課程2年)
研究テーマ
 ショウジョウバエトランスグルタミナーゼの細菌感染依存的な細胞外分泌機構
研究概要
 トランスグルタミナーゼ(TG)は、タンパク質の架橋を触媒する酵素である。TGは細胞の内外で様々な生理現象に関与しているが、細胞外分泌シグナルを有しておらず、詳細な分泌経路は不明であった。本研究では、ショウジョウバエに存在する2種類のTGアイソフォームのうち、TG-Aは脂質修飾を受けることで、細菌感染に応答し細胞外へ分泌されることが明らかになった。また分泌のきっかけとなる細菌由来の成分を特定した。
関連先リンク
 ・トランスグルタミナーゼ研究会
 ・生体高分子学研究室
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。