理学研究院ニュース

ホーム > 理学研究院ニュース > 平成23年8月17日(水)

 平成23年度九州大学オープンキャンパス(理学部)が開催されました。
平成23年8月17日(水)
 平成22年度九州大学オープンキャンパスが8月6日(土)、7日(日)、8日(月)の3日間開催されました。
 理学部では、8月7日(日)に物理学科、化学科、地球惑星科学科、数学科、生物学科の5学科それぞれ別の会場で、学科長による学科紹介、講演会、研究内容のポスター展示、研究室・実験室見学などが行われました。今年も30℃を超える非常に暑い中、九州各地から多数の高校生が参加されました。
 ここでは、そのオープンキャンパスの様子を写真で紹介します。画像をクリックすると拡大してご覧になれます。
物理学科には多数の参加者が来場しました 鴇田教授による物理学科の紹介
真剣にメモを取りながら聞いています たくさんのポスター掲示されていました
ポスターの内容を大学院生が説明します 物理学科の研究室ツアーの様子
液体ヘリウム製造装置の説明 超伝導体を使った実験です
化学科の会場はほぼ満席でした クロスカップリングに関する講演の様子
とても興味深い内容でした 実験装置を前に研究のおもしろさを熱弁
化学科の研究室での模擬実験の様子 地図を確認しながら次の会場を探します
奈良岡教授による地球惑星科学科の紹介 積極的に質問して理解を深めます
探査機はやぶさに関する講演の様子 受付を担当している大学院生のみなさん
大学院生がフレンドリーに質問に答えます 雲ができる仕組みを説明しています
車輪を使った実験を体験 化石標本の抽出作業を体験
うまく抽出できるかな? 研究にはこのような地道な作業も必要です
顕微鏡を用いての研究体験コーナー 研究の楽しさを伝えます
佐方教授による生物学科の紹介 植物生理学のおもしろさを解説中
マウスを使った研究の説明をしています 電極を用いた実験装置
植物の性の進化について説明する矢原教授 実験に使用するカエルを観察しています
→これまでのニュース一覧

▲ トップにもどる

※掲載されている内容の無断転載を禁じます。